鍼灸師・マッサージ師になりたい!

鍼灸師(はり師・きゅう師)マッサージ師(あん摩・指圧・マッサージ師)になりたい方は応援するサイトです。

鍼灸師・マッサージ師になりたいサイトトップ

鍼灸師になりたいというい方は、私が感じたなかではかなり増加したと思います。私が専門学校に在籍していた間も、私の学年でもかなり女性はおおくなってきていたものの、私が三年のとき、一年は女性が男性よりも多く、女性の鍼灸業界に進出が目に見えて増加したからであり、又、高齢化社会を迎えて鍼灸師の需要が増加することを期待してからの増加かもしれませんが、とにかく鍼灸師になりたいという方は増加していると思います。

マッサージ師(あん摩・指圧・マッサージ師)になりたいという方も、これはまた、増えていると思います。しかし、現在のところ、鍼灸学校と違って、あん摩・指圧・マッサージ師の資格のとれる学校は増加していません。これは盲目の方も職業を奪ってはいけないという配慮かもしれませんが、街中にいけば、整体やリフレクソロジーなどの民間療法がマッサージ師と同じようなことをやっています。本来、これら手技療法は、マッサージ師ではなくては業としてやっていはいけないのですが、厚生労働省も、以前、施術しても害がなければ、問題なしみたいな法令がでたので、目をつぶっているところでしょう、しかし、年に数件の取り締まりみないなものもニュースもででていますので、やっていいということではないですね、当然。

だから、これから、もし、この業界に入ろうという方は、確かにこの業界は厳しいと思いますが、なぜなら、鍼灸師や柔道整復師はかなり以前と比べて卒業生の数が増加しています、街中で整骨院や接骨院が多くなったのに気づかれた人も多いでしょう。鍼灸師や柔道整復師というのは、もともと限られた人数の卒業生、ひいては、入学するのがある程度はむずかしい時代もありました。私の時代も、新設校がほとんどなく、入試に落ちたら他の道を考えようと思った時期もありました。しかし、今は鍼灸師や柔道整復師に限って言えば、どこでもいいと言い方はかなり悪いですが、そう思うなら簡単に入ることは可能でしょう。

それらを含めて、入ろうと思う方は、このサイトを少しでも参考にしていただくとありがたいです。

このサイトは、鍼灸師・マッサージ師になろうとありますが、内容はほとんど鍼灸関連になりますが、理由は私が、言いたいのは鍼灸師になろうではなく、鍼灸師・マッサージ師になろうということです。

先ほども書きましたが、この業界も厳しくなっています。鍼灸師というと、就職先などの上で不利になってきます。別にでも、鍼灸師だけしかもっていない人がだめでもないし、鍼灸師だけでも十分いいと思います。しかし、同じ3年間学校にいって、授業料も時間もほとんど変わらないのに、マッサージ師の資格があるとないではあったほうがいいと思うからです。



Copyright c 2006 鍼灸師・マッサージ師になりたい!. All rights reserved

このページはリンクフリーです。
また、 当サイトをご利用になった上で生じたいかなる損害に対しても一切の責任を負いかねます。あらかじめご了承ください。